コンテンツへスキップ

英文は頭の中で和訳せず理解している

PR|特許翻訳の高実績がある会社|

私はいつだったか、塾講師のアルバイトをしている時に、生徒にこんな質問をされたことがあります。
「先生は英文を理解する時、日本語が頭に浮かばないのですか?」と。

今思えば、皆日本語が浮かんでいると思っている生徒が大多数だった中、この質問ができること自体すごいことだったと思います。
確かに私は英文や英会話中、言われてみれば日本語は浮かんでこないかもしれません。

むしろこれが普通だと思っていた私は、ある時点でそうではないと気付きショックを受けたものです。私はそんなに脳内環境を意識しているわけではないのでよくわかりませんが、英語は英語と自然に脳内で分けているのかもしれません。

多くの英語を学んでいる日本人は英語の文法を勉強するのにどういった参考書を使っているでしょうか?
ある程度の翻訳にも役立つ英語力を身につけるためのオススメの参考書があるんです。それは英語で書かれた英語学習者のための文法書です。

英語と日本語は違います。ですから英語を理解するためには英語を英語のニュアンスのままで覚えた方が良いんです。
それがやりやすいのが英語で書かれた英語の文法書なんです。

英語の文法を説明するのに英語で書かれていますから当然のことですよね。
英語で書かれていたら理解できないと思う方もいるかもしれませんが、英語学習者向けに書かれていますのでベーシックなタイプであれば平易な英語が使われていますので、難なく理解できると思います。

日本語の参考書ではわかりずらく理解できなかったようなことが英語の説明で腑に落ちたりということもあるでしょう。

メリットは沢山ありますので、英語学習をしている人は副教材として英語でかかれた文法書を手元に置いてみてはいかがでしょうか。

しかしここからが困難で、「どうすれば英語を英語で考えられるようになりますか?」という質問にはどうしても答えられないのです。

私は特別に訓練したわけでもないし、気付いたらそうなっていたので慣れや経験値なのではないかと推測するのですが、実のところ自分でもよくわかっていません。

この方法が取れれば楽なので、なんとか英語教育で習得できるようなカリキュラムができてほしいです。

PR|家計見直しクラブ|健康マニアによる無病ライフ|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|貯蓄|GetMoney|童話|女性の人生|心の童話|お小遣いNET|内職 アルバイト|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|